スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFRICAN RHYTHMS 75-ONENESS OF JUJU

more...

スポンサーサイト

HELP US SPREAD THE MESSAGE 78-MIGHTY RYEDERS

SUN-GLO (PRESS ORIGINAL)

(Help Us Spread The Message (LP, Album) Sun Glo Records Inc. SG-456 US 1978/USカラー・ラベル正規盤オリジナル)

(RARE GROOVEの最高傑作)と称えられている究極のレア盤/RARE GROOVE CLASSIC!Miami出身、リーダー格のRodney K. Mathewsを中心とした8人組[MIGHTY RYEDERS]が、Miamiの(Sun Glo Records Inc.)なるマイナー・レーベルから78年にリリースされた、(RARE GROOVEの最高傑作)と称えられている幻の、究極のレア盤/RARE GROOVE CLASSIC!収録曲(Evil Vibrations)が、De La Soulの名曲"A Roller Skating Jam Named 'Saturdays'"でサンプリングされている事で知るヒトぞ知る隠れた好盤だったこの一枚を世界中に知らしめ、世界中のDJ、フリーク達がこぞって探し求め、瞬く間に入手困難な超激レア盤となってしまった。これまで何度か再発され良く知られている作品ですが、オリジナルは本当に入手困難です。超↑値!誰もが欲しがる伝説の一枚 The Mighty Ryeders/グループ名をタイトルにしたオープニング。イントロのギター・カッティングがカッコイイ!ファンキー・チューン/Let There Be Peace/Mizell兄弟によるSky High Productionの作品に通じるファンキー・グルーヴ/Lovely/メロウ&ファンキーなサウンド/Evil Vibrations/格好良いグルーヴ感と不気味なコーラスと妖しいエレピの音色が相俟ってMighty Ryedersならではの音世界/Help Us Spread The Message/平和を訴えるメッセージ・ソング。中盤の以降のパーカッシヴな展開が良い/Everybody Groove/ールな仕上がりのファンキー・チューン/I've Really Got The Feeling/ラテン・モードのファンキー・グルーヴ/FlyAway With Me (Instrumental)/スピード感のあるインスト・チューン/Star Children/Parliament的、スロウ・チューン/Ain't That Away (To Spend Our Day)/メロウなミディアム・スロウ

[*プロモが1stプレスで、2nd PRESSがカラー・ラベル盤、その多くがプレス・ミスでA-4"EVIL VIBRATIONS"でピッチが落ちるとされていますが、ピッチ落ちなしです。プロモ盤のみのプレスでは無く、こうして正規盤がある訳ですからカラー・ラベルは正規リリースのオリジナルと考えるのが論理的かと思います]

[オリジナルは、(PROMOTION ONLY)と言われていますが、多数、レアなPROMO盤(PROMO盤の中でも更に激レアな白PROMO盤を所有していますが(CURTIS MAYFIELD/ANN PEEBLES/CHUCK ARMSSTRONG/NEIL YOUNG/VAN DYKE PARKS/LITTLE FEAT.etc)、1stプレス(正規盤/オリジナル)が出され、ラジオ局やテレビ局に、プロモ/プロモーション用レコード(宣伝用レコード)が出されます。レーベルによって稀にリリース前に出されることも有るようです。宣伝期間が終わったら(基本的には)レコード会社に返却しなくてはならないレコードとされています。PROMO盤はPROMOTIONと言うこともあるせいか、リリース・ノートに記載されていないレーベルが殆どのようです。(PROMOTION ONLY)のDEF MIXやDEFバージョン(オリジナルと違う録音)もあり、一般的に音質が良いと言われています。[今では、これもレアな(LUV N' HAIGHT盤)も所有しています。PROMOTION ONLY盤を観た事があります、20万?前後するそうです。94年にUBIQUITY傘下、LUV N' HAIGHTからのリイシュー盤でさえもプレミアが付いていた]Miamiの(Sun Glo Records Inc.)なるマイナー・レーベルから78年にリリースされていた。[Help Us Spread The Message (LP, Album) Sun Glo Records Inc. SG-456 US 1978/カラー・ラベル盤 ]

Let There Be Peace
Lovely
Evil Vibrations
Help Us Spread The Message
Everybody Groove
I've Really Got The Feeling
Star Children
Fly Away With Me (Instrumental)
Ain't That Away (To Spend Our Day)

Mighty Ryeders[Help Us Spread The Message]
Help Us Spread The Message (LP, Album) Sun Glo Records Inc. SG-456 US 1978
Help Us Spread The Message (CD, RE) Luv N' Haight LHCD 017 US 1994
Help Us Spread The Message (LP, Album, RE) Luv N' Haight LHLP017 US 1994

mighty.jpg

mighty1.jpg

mighty2.jpg

mighty3.jpg

mighty10.jpg


ALICE CLARK

ALICE CLARK 72-ALICE CLARK

MAINSTREAM (US Press Original)

JAZZ FUNKの名門MAIN STREAMから出されたLADY SOUL/JAZZ SOULYの歴史的名盤/FEMALE SOULの最高峰と言われ、超レア盤故に「幻の名盤」と言われるAlice Clark唯一のアルバム [*復刻/再発盤ではありません!!再発はよく見掛けますが、オリジナルは海外オークションでも300ドル超えの人気盤です。内容が抜群なこともあり年々、相場が上がっています](Don't You Care/Hard Hard Promise)Bobby Hebb作のオリジナル/(I Keep It Hid)Jimmy Webb作品/(Don't Wonder Why)Stevie Wonderのオリジナル/(Maybe This Time)ライザ・ミネリの代(Never Did I Stop Loving You)超名曲など、捨て曲無し!クレジットこそ無いがPaul Humphrey/Bernard Purdie[Bernard "Pretty"Purdie]/Gordon Edwards/Cornell Dupree/Ted damperが参加していると言われる演奏が素晴らしい!

Arranged By - Ernie Wilkins
Producer - Bob Shad

I Keep It Hid
Looking At Life
Don't Wonder Why
Maybe This Time
Never Did I Stop Loving You
Charms Of The Arms Of Love
Don't You Care
It Takes Too Long To Learn To Live Alone
Hard Hard Promise
Hey Girl


ariceclark.jpg

ariceclark100.jpg

ariceclark2.jpg

MARY WELLS SINGS MY GUY

MARY WELLS SINGS MY GUY 64 - MARY WELLS

MOTOWN (Press Original)

MOTOWNで最初にR&Bチャートのトップ10に入った初期のMOTOWNを代表するスターMARY WELLS、(MY GIRL)と共にSMOKEY ROBINSONが提供した曲のなかで最も成功したと言われるモータウン・クラシック(MY GUY)収録の5枚目のアルバム。貴重なオリジナル盤しかもモノラル!です! 説明不要の名盤です。彼女の作品の中で最も人気があり、「モータウン・サウンド」の代表作とも言われています。「MY GUY」をはじめ「HE'S THE ONE I LOVE」、「WHISPER YOU LOVE ME BOY」など名曲多しです。めったに出ません。1992年、咽頭癌で死去。バックはMOTOWN SOUNDを影で支えたTHE FUNK BROTHERS[モータウンのセッションのレギュラーだった、ピアノのEarl Van Dyke 、ベースのJames Jamerson、ドラムスのWilliam "Benny" Benjamin、ギタ-のRobert Whiteを中心とするセッションマンのグループ(グループといっても固定的なものではなく、スタックスのMG'sとは意味が異なる)]!

[MOTOWN SOUNDを支えたミュージシャンたちが、初めてレコードに名前が載ったのは(WHAT'S GOING ON 71)。MOTOWNについては、分からない事が多い、MOTOWNはNY/LAでも録音を行っていたがミュージシャンたちのジャラの支払いの記録を残さなかった(LAのミュージシャンたちに対して、これは本番のテイクではなく、デモであるといって[LAセッションの中核的ドラマーだったEarl Palmer(べつのミュージシャンだったという説もあるが)が、自分たちがプレイしたトラックがそのままレコードになっているのを発見し、最終的にミュージシャン・ユニオンLA支部があいだに入って、デモと本番の差額がミュージシャンに支払われた]、通常のセッション料金より安い金額を「キャッシュで」払った(支払記録が残らない、ノン・ユニオンなので、アメリカ音楽家組合所定のコントラクト・シートも残らないが、ミュージシャンたちは、クリエイティヴな仕事ができる点を考慮して、料金が安いことと、ユニオンを通さないので年金の積み立てにならないことには目をつぶった。) 誰がプレイしているのか?トラックを録音してから、ヴォーカル・オーヴァーダブをし、リリースするまで長い時間をかけたので何処で録音されたのかなど。(MY GUY)だけでも、[長い時間スタジオに入って最後に録音した曲だ-James Jamerson、ドラムは俺が叩いた-MAURIS WHITE、ギターを弾いていた-Carol Kaye《Carol Kaye:LAのスタジオ・ミュージシャン、ギタリストとしてスタート、ベースに転じて、こちらで有名になった、白人女性ベーシスト。MOTOWNのLAでの無数の録音に参加したと言っている。また、この曲のすばらしいベースはArthur Wrightが弾いたとも言っている。Carol Kaye の個人的な印象では、1960年代のモータウンのヒット曲のうち、3分の1ほどがLA録音ではないかという。SUPREMESとFOUR TOPSのヒット曲のほとんどは、LAで録音され、ドラムとベースは、主としてEarl PalmerとCarol Kayeのコンビで、SUPREMESのシングル曲に関しては、Hal Blaine が初期に、60年代終わりにはPaul Humphreys がドラムを叩くようになったと言われている。これらは、記録が残っている物もあるが残っていないのがほとんどで、真偽は分からない。James Jamerson/Earl Van Dyke/Robert White/William "Benny" Benjaminらは、もうこの世にはいない!》

TEMPTAIONSのMY GIRLでのRobert Whiteのあの有名なギター・リフ
SUPREMESのBABY LOVEでのJack AshfordのVibes
VANDELLASのNOWHERE TO RUNでのJames Jamersonの地を這うようなベース・プレイ
SUPREMESのYOU CAN'T HURRY LOVEの完全無欠と言われるあの有名なベース・ライン
CONTOURSのDO YOU LOVE MEでの豪快なWilliam "Benny" Benjaminのドラム
FOUR TOPSのBERNADETTEでのJames Jamersonの名演と言われるベース・プレイ(実際はCarol Kayeらしい)

すべて過去の話、詳細が明らかになってきただけで、数々の名演奏を残した唯一無二の天才James Jamersonに変わりはない!

すべて過去の話で、詳細がしだいに明らかになってきただけでスタジオが何処でミュージシャンが誰でもMOTOWN SOUNDに変わりはない!

THE FUNK BROTHERS

Detroit musicians
Keyboardists:
Joe Hunter (band leader, 1959?1964)
Earl Van Dyke (band leader, 1964?1972)
Richard "Popcorn" Wylie (1959?1962)
Johnny Griffith (1963?1972)
Johnny Gittens (1963?1967)
Ted Sheely (1963?1967)

Guitarists:
Robert White (1959?1972)
Eddie "Chank" Willis (1959?1972)
Joe Messina (1959?1972)
Larry Veeder (1959?1962)
Dave Hamilton (1959?1962)
Huey Davis (1959-1967, The Contours' road and studio guitarist)
Marvin Tarplin (1958?1973, The Miracles' road and studio guitarist).
Cornelius Grant (1963?1972, The Temptations' road guitarist/band leader)
Dennis Coffey (1967?1972)
Melvin "Wah Wah Watson" Ragin (1968?1972)
Ray Parker
Ray Monette

Bassists:
James Jamerson (1959?1972)
Clarence Isabell (1959?1962)
Tony Newton (1963?1967)
Bob Babbitt (1967?1972)
Edward Pickens (1968?1972)
Tweed Beard
Joe Williams
Michael Henderson
Joe James

Drums:
William "Benny" Benjamin (1959?1969)
Richard "Pistol" Allen (1959?1972)
George McGregor (1959?1962)
Clifford Mack (1959?1962)
Marvin Gaye (1959?1962)
Uriel Jones (1963?1972)
Frederick Waites (1963?1967)
Andrew Smith (1968?1972)

Percussion:
Jack Ashford (1959?1972, tambourine)
Eddie "Bongo" Brown (1959?1972, various)

Vibes:
Jack Ashford (1959?1972)
Dave Hamilton (1959?1962)
James Gittens (1959?1962)
Jack Brokensha (1963?1972)

Trumpets:
Herbie Williams, John "Little John" Wilson, Marcus Belgrave, Russell Conway, Johnny Trudell, Floyd Jones, Maurice Davis, Billy Horner, Don Slaughter, Eddie Jones

Saxophones:
Henry "Hank" Cosby, Andrew "Mike" Terry, Norris Patterson, Thomas "Beans" Bowles, Teddy Buckner, Ronnie Wakefield, "Lefty" Edwards, Eli Fountain, Ernie Rodgers, Kasuka Malia, Eugene "BeeBee" Moore, William "Wild Bill" Moore, Angelo Carlisi, Dan Turner, Bernie Peacock, Larry Nozero, Lanny Austin

Trombones:
Bob Cousar, George Bohanon, Paul Riser, Jimmy Wilkens, Don White, Carl Raetz, Patrick Lanier, Bill Johnson, Ed Gooch

Flute:
Dayna Hartwick

Strings:
Gordon Staples and the Detroit Symphony Orchestra Strings Section

Los Angeles musicians

Keyboards:
Mike Rubini
Joe Sample
Clarence McDonald
Don Randi
Larry Knechtel

Guitars:
Arthur Wright
David T. Walker
Tommy Tedesco
Louie Shelton
Adolph Green
Weldon T. Parks

Bass:
Wilton Felder
Carol Kaye
Bill Pitman
Jacob Aaron Greenberg
Ron Brown

Drums:
Earl Palmer
Jacob Greenberg
Gene Pello
Paul Humphreys

Percussion:
Gary Coleman
Bobbye Porter
King Errisson
Joe Clayton
Sandra Crouch
Jerry Steinholtz
Emil Richards

Arrangers and conductors
Detroit: Paul Riser, Willie Shorter, Dave Van DePitte, Wade Marcus, Johnny Allen, Gil Askey, Ernie Wilkins, Jerry Long, Henry "Hank" Cosby, Slide Hampton, and H. B. Barnum

Los Angeles: Gene Page, James Carmichael, and Arthur Wright


[LAで録音されたモータウンのシングルとアルバム]
Artist Title
Mary Wells My Guy (45 and album)
Brenda Holloway You've Made Me So Very Happy
Supremes Back in My Arms Again
Supremes Stop in the Name of Love
Supremes You Keep Me Hanging on
Supremes You Can't Hurry in Love
Supremes The Happening
Supremes Love Is Here and Now You're Gone
Supremes Love Child
Supremes I Hear a Symphony (45 and album)
Supremes
 with Temptations I'm Gonna Make You Love Me
Diana Ross Ain't No Mountain High Enough
Four Tops Bernadette
Four Tops Reach Out I'll Be There
Four Tops It's the Same Old Song
Four Tops I Can't Help My Self
 (Sugar Pie Honey Bunch)
Four Tops Second Album (album)
Stevie Wonder I Was Made to Love Her
Smokey Robinson
 & the Miracles More Love
Temptations Get Ready
Temptations With a Lot o' Soul (album)
Marvin Gaye
 & Tammi Terrell Ain't Nothing
 Like the Real Thing

[Carol Kayeが確認した、1960年代にモータウンがLAでおこなったセッションに参加したミュージシャン。ただし、じっさいにはもっとはるかに多くのミュージシャンが関与しており、これはあくまでも一部にすぎない!]
Drums
Jesse Sailes
Earl Palmer
Paul Humphrey
Hal Blaine
Ed Greene
Gene Pello

Basses
Arthur Wright
Carol Kaye
Jimmy Bond
Bob West

Guitars
Rene Hall
Arthur Wright
Bud Coleman
Tommy Tedesco
Howard Roberts
Don Peake
Neil LeVang
Lou Morell
Charles Wright
Dennis Budimer

Horns
Ollie Mitchell
Roy Caton
Paul Humbonen
Bill Peterson
Tony Terran (possibly)
Lou McLeary
Woodwinds
Plas Johnson
Bill Green
Jim Horn
Jackie Kelso
Percussions (incl. mallets)
Gary Coleman
Gene Estes
Emil Richards
Jerry Steinholtz


marywells3.jpg

marywells4.jpg


marywells2.jpg

HIGHWAY 61 REVISITED 1965 -BOB DYLAN

HIGHWAY 61 REVISITED 1965 -BOB DYLAN

COLUMBIA (CL2389[mono])
US Press Original

[激レアなMONO盤です! USオリジナル 2EYE]
 
BOB DYLAN(G/Harmonica/P)MICHAL BLOOMFIELD,CHSRLEY McCOY(G)ALAN KOOPER,PAUL GRIFFIN,FRANK OWENS(Organ/P)
BOBBY GREGG(D)HARVEY GOLDSTEIN,RUSS SAVAKUS(B)
PRODUCED:BOB JOHNSTON/TOM WILSON[LIKE A ROLLING STONE]

前作、(BRINGING IT ALL BACK HOME-1965)でエレクトリック・ギターを初めて導入し、ロックの扉を開いたDylanが、ロック色を強め、フォーク・ロックのスタイルを確立、時代を動かした、ロック史上屈指の革新的意義を持つBOB DYLAN、6枚目の傑作アルバム!65~66年のBRINGING IT ALL BACK HOME65/HIGHWAY 61 REVISITED 65/BLONDE ON BLONDE 66は、それまで誰も思いつかなかった(使わなかった)言葉の歌詞をポピュラー音楽に持ち込み[象徴的イメージによる表現でシュール、時にはカフカ的と評される]言葉の壁を突き突き抜け、「歌」と「詩」の新たな結合として、今までのロックの歴史を変えた。DYLANがマリ*ナを教えたと言われているBEATLESもRUBBER SOUL以降、歌詞に内省的/幻想的な物が増すなど、後のミュージシャンに大きな影響を与えた。それまでの常識では考えられない6分以上も有る「LIKE A ROLLING STONE」とこのアルバムのヒット・チャート進出により、BEATLESと並称される存在となる。ある音楽誌が選んだ「偉大なベスト500曲」で第1位に輝いたのが「Like a Rolling Stone」、第2位はRolling Stones「(I Can't Get No) Satisfaction」、第3位はJohn Lennon「Imagine」、第4位はMarvin Gaye「What's Going On」、第5位はAretha Franklin「Respect」だった。

Like a Rolling Stone
Tombstone Blues
It Takes a Lot to Laugh, It Takes a Train To Cry
From a Buick 6 ?
Ballad of a Thin Man

Queen Jane Approximately
Highway 61 Revisited
Just Like Tom Thumb's Blues
Desolation Row


highway.jpg

highway1.jpg

highway2.jpg

Music Groove

musicgroove2008

Author:musicgroove2008
Music Groove へようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
RSS新着情報
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
Friend link
通販の森 通販の海 小夜の日記 初心者のためのソウル・ミュージク (soul music)
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

人気ホームページランキングへ
FC2ブックマーク
RSSフィード
フリーエリア
フリーエリア
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。